塾は必要か?小学生の子供と本気で考えてみた

中学受験を断念した長女を教訓に


長女が中学受験するかどうかぎりぎりまで悩んだ。準備は進めつつ決断することになったのだが、結局、準備が整わなくてあきらめることにした。準備不足や私の受験に対する認識の甘さもあったが、学習面の力不足を痛感し、小学生で受験にチャレンジするのは断念することになった。志望校はいくつかあったけど、たぶん今受けても受からないだろうとの判断。

その後長女は今、高校受験で頑張ろうと勉強をがんばっている。目指したい学校も決まり、集団塾へ通い学習に励んでいる。今度は失敗したくない! 

次女は長女の二の舞を演じない為にも、早くから準備をしようと思っている。子供本人も受験したいと言っているし、後になって後悔したくないからすぐに行動に移さないと。 
早速、入塾前の体験入学に参加する予定を立てる。まずは資料を取り寄せたり、ネットで調べたりして、塾の特徴や様子を知るために情報を得ることに。

前回、中学受験は塾にいつから通えばいいのかという記事を書いたが、小3の2月から通塾させようと思っていたので、あとは塾を決めるだけ。さてさて塾はどこに決めよう。

塾選びは慎重に


決めるのは簡単だけど、失敗したくない。転塾するとなればカリキュラムや環境も変わってしまい、慣れるまで時間もかかりそうだ。だからどの塾にするか慎重に選ばねば。お姉ちゃん(長女)の時も慎重に選んだつもりだったんだけど、これがなかなかうまくいかなかった。その子に合う合わないもあるのかな。

上の子の場合、まず塾選びで遠回りしてしまって。でその後、入塾したんだけど転塾せざるを得ない状況になり。最終判断は親がどうするか決めることになるけど、私自身どうすればいいのか迷ってしまい、子供は振り回されてしまっていたのかも。塾選びは本当に難しい。 

例えば上の子の時、思うように成績が伸びないとか、塾の方針やらカリキュラムが合わないとか、転塾理由はいろいろあったけど。やっぱり気になる点があったら積極的に先生に質問して、他塾の様子もうかがっておくとか、早めの対処を考えないとなと思う。

実際、転塾するとなるとやっぱり大変で、意外と面倒だなというのもよく分かったし。それにテキストも塾の雰囲気も変わってしまって、子供も順応するまで時間がかかってしまうしね。
やっぱり転塾先のメリットが大きくないと、安易にやたらめったら転塾するものではない。

実際、周りのお友達でも、転塾させて良かったのかどうなのか、実際のところは明確に分からないというのも聞く。

転塾することのリスクやデメリットもよく考えないと、逆に子供の学習の妨げや余計なストレスが増えるだけで。納得のいく受験期間を過ごし、第一志望校合格の為に必要なこととは、その子に合った学力や志望校先に適した塾を選ぶのが大事。塾の合格実績とカリキュラムや講師の質をよく見極め決めたい。 

学力向上だけではない塾のメリット


中学受験で勝つためには、やはり評判の良い塾の先生の元で学習指導を受けた方がいい。早めに受験勉強の意味を理解し、ラストスパートまで失速せず、合格するために努力し続けることの大事さを学ぶことも重要。

しかし、これが親の助言とか、熱心さだけではなかなか伝わらないんだなぁ、受験の大切さが。親だとやっぱり甘えも出るし、反発して言うことも聞かなかったりで結構大変。子供も高学年になってくると生意気言うようになるし、口達者に言い返してくるから手におえない。

中学受験はメンタルがついていかない子供が多いと聞くけど、ある意味この状況は特殊なので、ハードな環境に早めに慣れさせておいた方が子供のためなのかもしれないと長女の時に思った。

ただ実際のところ、小さい子供に受験をする意味を説明しても、私立の必要性を真意に理解するのは難しく、小学生のうちはまだわがままで親にも甘えたい、友達とも遊びたいという気持ちが強いので、受験勉強をさせるにはなかなか難しい年齢でもある。集中力も続かないし、気持ちがほかにそれてしまったりで気持ちが安定しないことも。 

漠然と「受験」というものを理解していても、受験するということの本当の意味はよく分からないから、ストレスを感じ反発や反抗が強くなる場合もある。 

うちの子も実際、「周りの友達は受験勉強ないし、みんなで楽しく毎日遊んだりしているのに、どうして自分だけはこんなに勉強ばっかり頑張らなきゃいけないの?」という疑問があったようだ。合格までモチベーションを上げてやる気にさせるのも一苦労。小学生の受験は親子二人三脚で頑張らないとうまくいかないのかもしれない。

学ぶ力と心の成長を感じた通塾期間


このような時、やっぱり親の熱意とか愛情だけでは子供をフォローしきれず、どんなに頑張っても子供を励ますことややる気を出させるには限界があって。子供が甘えてしまうというのもあるのかもしれないが、親以外の第三者のすすめやアドバイスもとても大事だなと思った。子供を塾に通わせて塾の先生にずいぶん助けていただき、本当に感謝している。


勉強は学年が上がるごとに当然、宿題量もハードになる。子供は弱気になることもあるし、成績が落ち込んで気持ちが沈んだりすることも増える。こんな時、子供の心の助けや励ましも家族だけでは補えない部分もたくさんあって・・・。

うちの子供の場合、塾に通わせ素晴らしい先生との出会いがあって、塾の先生に学習面はもちろん、精神面でも手厚くサポートしてもらい本当によかったなと思っている。
 たとえ受験をしなくとも塾の必要性は学習面でもメンタル的部分でも本当に重要で、もっと早くから通塾させるべきだったと後悔しているくらいで。塾には学校や家庭では得られない心と学力の成長があるなと感じた。

何より、塾に通うのが楽しいって言っているのがうれしい。子供にとって塾とは、学力を上げる場所であることはもちろん、家でやる学習とも違うし、学校の授業でもない、何か特別な集中力を鍛える貴重な勉強場所なのだと思う。 


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする