中学受験は塾にいつから通えばいいのか

何年生から塾に通わせるのがいいのか


中学受験をするのに、いつから塾へ通わせればいいのか迷った。一番上のお姉ちゃんの時はのんびりしてしまい、準備も間に合わず結局高校受験で頑張ることに。

長女は小学生のうちから塾に通わせていたけど、今思えば塾選びも失敗し、通塾開始時期も遅く乗り遅れた感が否めなかった。次女は長女の失敗もふまえて早めに先手を打ちたいと思っている。

が、親子共々これが初めての中学受験になるので、いつから塾に通ったらいいのか、また具体的にどんな準備が必要なのかよく分からない。

そもそも中学受験の流れも曖昧だし、塾の種類も進学塾や集団塾とかいろいろあって、各塾の学習法や特性などさっぱり分からない。具体的に入試本番までどれくらいの量をどれだけ時間をかけて学習の準備を進めていけばいいのかも見当もつかない。どのタイミングで入塾したらいいんだろう。 

私立難関校合格した先輩ママの意見とは

で、一人悶々としていても何も解決しないので、実際、中学受験を経験したお子さんを持つ先輩ママさん達に相談し話を聞いた。たまたま周りに中学受験をした子供を持つお母さんが多ったのは、本当に良かったなと思う。 
受験の様子や通塾に関する情報も多く得られたし、難関校や、最難関といわれる学校までも合格し、その貴重な道のりの詳細の様子を間近で聞くのはとても参考になった。

で実際、子供が中学受験をするとして、いつから通塾すればいいのかという問いには、小学4年生から通塾開始させたという声が多かった。

具体的には小3の終わりの2月から始まる「小4クラス」に3年間通うのがベターとのこと。予想以上に早かったので少し驚いたが、この時期が無理なく受験の準備を進められる学年でベターとのこと。

当初、中学受験の難しさについてよく理解していなかったから、そんなに慌てて塾に通わせなくてもいいじゃないとのんきにかまえていたけど、そろそろ本格的に塾探しをした方がいいことに気づいた。 

小3の終わりから塾に通うのは早い?

受験を考えているとは言え学校の成績もさほど悪くないし、そんなに急ぐ必要ないだろうと思っていたところだが、本腰を入れて受験勉強をさせるための準備を考えなければならない。

日頃、学習で大きくつまずくこともなかったし、公文では3学年先を学習中だったので勉強不足があるとは思わなかった。(のんきすぎ)がしかし先輩ママさん達の話では、塾と公文は学習方法が大きく異なるし、受験するなら塾で受験で勝つための勉強をしないと受からないからと断言された。

ちょっと衝撃だったがなるほどなぁと納得する話も多かった。確かに公文では順位や成績みたいなものがあまりない。全くないわけではないが例えば志望校判定とか、成績順にクラス分けもなく、先生からの受験アドバイス等も特にない。とにかく自習スタイルというか、自力で答えを考え養う。

それぞれの良さがあるから決して塾の方がベストとは思わない。公文には公文の良さがあるからここは子供の学年や受験の志があるかなどによって、子供に合った学習方法を自由に選べばいい。

今までは公文には本当に助けられたし十分大きく成長できたけど、これからは子供の将来を考え本格的に塾に入らないとな真剣に思った。 

中学受験の準備期間になぜ3年間も必要なのか


特に難関校を目指すともなればなおさらの話、塾で受験のための特化した学習が必要となる。
例えば数学で同じ学習範囲の因数分解を習っていたにせよ、塾で習う私立受験のための問題は、出題傾向や難解レベルが全く異なり、一般の学習レベルでは到底、太刀打ちできない。

というか、そもそも私立向けの問題の質が全く違うのだから、解けないのは当たり前。
そういう問題は公立小学校でも公文でも出題されないから、どこか教えてくれる場所を探した方がいい。何かアクションを起こして環境を変えないと、いつまで経っても習得できるものではないと思う。 

もしかするとなかには、通塾せず受験に挑めるほどの学力のある子もいるかもしれないけど、大抵に場合、中学受験はそう簡単なものでもない。たとえ通塾しなくても両親、または父、母のどちらかが勉強を教えてあげられるなど家庭環境が整っていて、本人のやる気があるなら話は別かもしれないが。  
英検とか漢検をクリアするみたいに手短に、本屋さんで参考書とかテキストを数冊揃えて、一通りこなしたところで簡単にうまくいくようなレベルのものではないということ。 

難問も丁寧に教えてくれる先生がいて、受験について専門的な知識のある塾におまかせするのがいちばんなのだと。

受験する中学校のレベルにもよるけど、納得のいく志望校に合格するにはそれなりの期間を経て準備をした方いい。ましてや難関校レベルともなれば、試験の難易度も上がるのが当たり前で。やはり私立の個性のある難問を解けるようになるには、特化した受験勉強と早めの対策が必要。 

なので、中学受験をするなら、小学3年生の終わりに近い2月から通塾を開始するのが最良となる。 

合格をつかみ取るためには早めの対策がカギ


もちろんその子に合ったタイミングや時期も考慮して。そして大事なことは信頼と合格実績のある場所で、その子に合った学習方法をみつけること。

子供の個性や学力に合わせて塾なり家庭教師やなり、本格的にゴールまで安心してサポートをまかせられる環境を納得いくまで探すことが大切。留意点は塾や家庭教師を探すのは時間がかかるので、遅くてもお子さんが小3の冬休みまでに、どこの通わせるか早めに検討しておくのがベター。 
後悔のない様、じっくり選べば失敗がなくすむ。出来れば転塾はしたくないもの。子供が高学年になる前の低学年のうちに、しっかり通塾先を決めることにした。


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする