中学校と高校の英語教育改革実施計画の内容を分かりやすくまとめてみた

前回は、小学生の英語教育はどう変わる?文部科学省の改革のポイントという記事を書きました。早まる小学生からの英語の取り組みや、目標、評価、受験などについてでした。
英語教育改革実施計画は、2018年から徐々にスタートを始め、2020年には完全実施化されますが、今回はその続きで中学生からの英語教育がどう変わっていくのかまとめてみました。 

中学生から英会話で授業がすすむ


文部科学省の発表では、「授業は英語で行うことを基本とする」とあります。つまり日本語は使わず、英語で授業が進むので、生徒もそれなりの理解力が必要になります。授業内容を理解するために、基礎的な聞く能力、話す能力は身につけておきたいものです。 

小学生のうちに単語数を増やし、日常的な簡単な英会話を修得しておくことがつまずかないポイントになるのでは。 中学校に入ってから戸惑うことのないように、日ごろから英会話を聞き慣れることも大事になりそうです。

文部科学省が目標とする中学校での具体的な授業内容は、「聞く」「話す」「読む」「書く」を用いて、より具体的に身近な話題についての理解や表現、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を養うこととあります。

例えば、短い新聞記事を読んだりテレビのニュースを見たりして、その概要を伝えるなど。 今までより、さらに考えを伝える力や聞く力といったコミュニケーションが必要になっていくと予想されます。

そして徐々に難しいニュアンスの表現も学ぶことになります。授業数は週4コマと変わらずですが、中学校卒業段階での目標は、英検3級程度以上とあります。


英検3級はそう難しいレベルではありません。ですが、ここでのポイントは、3級以上とあるところ。

言い換えてみるとこれは、最低でも3級、ということになります。英検取得の難易度や高校、大学の受験を考えると、出来れば中学生のうちに準2級、2級を取得してしまうのが理想かもしれません。(もしくはそれくらいのレベルの勉強が必要) 

3級まではスムーズに取得できるお子さんも多いと聞きますが、準2級、2級となると、合格率も下がり難易度が上がります。うちの子もそうでしたが、2級からは一度で合格することは出来ませんでした。

今後、高校受験、大学受験で求められるスキルも上がるので、中学生で英検準2級以上を取得出来るくらいの力を身につけておく準備が大切かと思います。

余談ですが、うちの子の場合を言うと、中学になってから予想を遙かに上回るハードなスケジュールと過酷さでとてもとても英検をとる暇なんてありませんでした。
部活に学校活動、塾に習い事。学年が上がるごとに、より時間がタイトになり、毎日、4~5時間の睡眠でヘトヘトでした。受験終盤には体調も崩し学校生活はとても過酷なものに。そんな中、英検2級を受験しましたが、不合格に終わりました。


救いは、時間に余裕のある小学生のうちに英検準2級を取っていたこと。小さい頃から英語を始めていましたが、まだ時間に余裕のある小学生のうちに準2級がとれたので、早めの準備が大切だなと痛感。地域や志望校によっても受験の条件は異なりますが、うちの子の場合、多少、受験には有利に働きました。

高校生が目標とする英語のスキルとは


中学校同様、高校の授業も英語で行います。文部科学省の目標では、さらに高度な英会話を用いて発表、討論、交渉など言語の運用能力を高めるとあります。

例えば、時事問題の情報や考えなどを適切に伝え、英語で課題解決していく力や、幅広い話題について抽象的な内容を、ある程度流ちょうにやりとりができる能力を養います。

中学校で学習した語彙・表現・文法事項等に意味のある文脈の中でコミュニケーションを通して繰り返し触れることができるよう、様々な言語活動を工夫し、言語の運用能力を高めていく学習になります。

高校生になるとより英語、(特に英会話)が苦手だと授業についていくのが少し大変な印象です。授業も小3からの早めのスタートですが、学習難易度が急速に高くなる感じがします。スタート開始から7年後には一気に、ハイレベルな英語スキルが必要に。7年というと長く感じるかもしれませんが、授業数は増えるわけではないのがポイント。

今までとの違いは、より「聞く」「話す」ことを使って人と交流することをかなり重視していますね。今後、ディスカッションも増えるようなので、国際人としてのビジネス会話の発展につながるような勉強になると予想されます。高校生も部活やゼミ通いで忙しいので、学習方法に工夫が必要ですね。

  

高校卒業段階での目標は、英検準2級~2級以上を達成した割合が50%以上とあります。高校生は学力の幅も広いので、全体的に見ると目標設定が少し曖昧な設定になっています。

ですので、さらにもっと頑張れそうな生徒さんの進路や特性、多様性によって、高校卒業段階で英検2級から準1級、TOEFL iBT60点前後以上を目標ともなっています。高校生の英語の目標スコアは、幅がありますね。
  

大学受験の影響

完全開始は2020年となっていますが、文部科学省はこれより早くにスタートさせるよう意向を示しているというのがポイント。つまりもうすでに2018年から各都道府県、市町村ごとに地域差はあれど、すでにスタートさせている学校もあるものと予想されます。

学習内容は都道府県・地区町村・小学校ごとに取り組みは異なると思いますが、文部科学省の改革により、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の力を身につけるために、英語教育はより強化されていくことになります。

国が目指す改善点と目標のまとめ

小学生:英語の基礎を修得「聞く」「話す」「読む」「書く」のコミュニケーション能力の基礎を養う。

中学生:身近な話題の理解や表現、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を養う。文法を学ぶ。中学校卒業段階での目標は、英検3級程度以上。

高校生:幅広い広い話題について、情報や考えなどを的確に理解したり適切に伝えたりするコミュニケーション能力を高める。高等学校卒業段階での目標は、英検準2級程度~2級程度以上を達成した割合が50%以上とあります。

ですが高校生場合、特性や進路など生徒の多様性によって、高校卒業段階で英検2級から準1級、TOEFL iBT60点前後以上を目標ともなっています。

スコアは英語が得意なお子さんや希望の進路等によって、さらに高い目標設定になっています。

文部科学省の最終目標は、高等学校卒業時に、生涯にわたり4技能を積極的に使える英語力を身に付くこととあります。人と会話しコミュニケーションが出来て、さらに深い情報や意見の交換が出来る国際人が必要だと考えているので、英語のスキルを上げていくことは非常に重要になってきます。

大まかな公立の学校での取り組みは、2018年から徐々に始まり2020年には完全に変化していきますが、学校任せではなく家庭での準備もかなり重要なのではと思っています。


スポンサーリンク
パソコン用最下段
パソコン用最下段

フォローする